カテゴリ:ご主人様ずとワタシ( 8 )

はぴばすで

涙目で不貞寝する直前の下僕です。こんばんは。

本日は、我が愛する若様の3歳のお誕生日です。
もっとはしゃいでいるはずの予定が…予定が…_| ̄|○ il||li
この日の為に取り寄せた新しいキャットタワー。
仕事から帰ってウキウキと組み立て始めましたが…が!!!

パイプが入るべき場所に入りません!!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
しかも途中まで入ったのが、今度はどーやっても抜けまてん!!(#゚Д゚)イライラ
30分近くパイプを握り締めて唸りましたが、どうにもこうにも動かず…。
仕方ないので連休明けに購入店に相談する予定です。

そんな必死の下僕に「あちょべ」と膝の辺りに突撃かまして
膝カックンさせる若様に、せめてものお祝いとしてホールケーキかぶりつきを提供し
(といっても少し舐めただけで、下僕に取り上げられましたがw)生誕祭は終了です。
後日改めてしようかと思います。

どちらにせよ、昨日汚部屋の掃除をしようとしては↓のように「お腹撫でれ」と誘う若様に抗しきれずw
c0078473_2357873.jpg

「よきにはからえ」
c0078473_2359977.jpg



今年もこんな笑顔を守っていけたらなーと願う下僕なのでした。
c0078473_23595878.jpg

[PR]
by somasoma_lewe | 2008-05-05 23:42 | ご主人様ずとワタシ

たまには…

廃墟の草むしりなと、寄る年波で痛む腰を叩きつつやってきた下僕です。
こんばんは。

2007年は正月早々から、ちょいとイヤンな事があり
とある名称で呼ばれる方々に持っていた夢を失くし(まあ勝手な夢と希望だったのですがw)
何だかなあと思っているうちに仕事場がアレな事になり馬車馬になっているうちに
春が来て夏になり、気付けば年越ししてしまっておりました…。 あ、あれれ?
どなたか加速装置を使われまして?

夏にいきなり天井突っ張りタイプのお安いキャットタワーが
突如何の前触れもなく、ど真ん中からへし折れてみたり
c0078473_2312566.jpg

(注:幸いな事に、若様もわたくしも家具もw全て無事でした。)
年末には、お江戸方面へソマツアーを敢行してみたりしました。
そして関西でも念願のソマ友さん宅とご訪問のし合いをしてみたり…。
我が家へお越し頂いた時のお話(´∀`*)
(わたくしが、たろすけさんちをご訪問させて頂いたお話は後日改めてアップいたします
 えっと…年が変わらないうちに…)
振り返ってみれば、なかなかに充実した(?)一年を過ごしていた模様でございます。

若様は…
秋口にストラバイト結晶が出てアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワとなりましたが
かかりつけの獣医さんと相談のうえで「お水いっぱい飲ませましょ☆」作戦のみで
処方食もお薬もなしで、何とか結晶はめでたく消失し元気がありあまって
あと3ヵ月後には3歳になろうというのに、未だに興がのりますと
カーテン登りをしては、下僕をムンクの叫び状態にさせてくださります…_| ̄|○ il||li
まあ3歳と申しましても妖精さんw(=サヨタマ)になったのが
比較的早かった若様ですので、いつまでも稚気のある表情を見せてくださいます。
c0078473_23123270.jpg

今宵もシーツ換えを邪魔してくださる若様に、困りつつも愛しくてならぬ下僕でございました。
c0078473_23274124.jpg

[PR]
by somasoma_lewe | 2008-02-01 23:29 | ご主人様ずとワタシ

柱~の傷は一昨年の~~♪

5月5日の背比べ~~♪と唄いつつキーを叩いている下僕です。こんばんは。

1月以来の放置しっぱなしで廃墟と化しているこのブログ。
突如の更新は何ゆえか?
そう、今日は5月5日。おりしも一昨年の今日。
わたくしの愛する若様がお生まれになったのでございます~~!!!
(鼻血大噴出)

ハァハァ…おっと、いけません。
さぞめごかったであろうと想像した途端に鼻腔内のダム(血管)が決壊してしまいました。
当時、赤毛の若様を捜し求めているうちに、運良く若様のご実家キャッテリーの女主人様に
紹介していただけた幸運…
なのに欲深いわたくしは若様が生後4ヶ月とお聞きし、我が家の準備が整って
お迎えできる時には、もう6ヶ月になってしまうと聞いて一瞬もう少しお小さい坊ちゃまを
待とうかと悩んだものでした…。
けれども、わたくしは一人暮らし。ずっとお家で様子を見て差し上げるわけにはまいりません。
ならば、体調の変化しやすい小さな子よりも、ある程度しっかり育った若様がよいのでは…
そう悶々と悩んでいたその夜に、女主人様からメールが…。
若様のお写真キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
ドキムネしながらファイルを開いた下僕、一瞬でノックアウトでございました…(ズッギャーン!!)
c0078473_2364426.jpg

「毛ふきの良い甘ったれがほしい」
これが、女主人様へのわたくしからの希望でございました。
上の写真から湧き出る甘ったれオーラにノックアウトされ「この若様が欲しゅうございます!!」
と叫んだわたくしに、女主人様は「甘ったれは保証付きだけど、毛ふきは確実とは言えない」と。
両親から考えると、まあ大丈夫だと思うけれども、2~3年かかるのでそれからね、と。
なるほど、その当時の若様は尻尾はまふってますが、襟巻きはつんつるてんですw
c0078473_2320832.jpg

しかし、少しづつ、成長するにしたがって尻尾をどこかに置き忘れてきた若様。
その代償(?)のように襟巻きがモフモフとしてまいりました。
c0078473_23244638.jpg

なかなか男らしく映っておりますね(´∀`*)
最初の希望通りの「毛ふきの良い甘ったれ」に成長されて嬉しい限りです。

当家に参られて、わずか4日目で下僕の不注意によって骨折してしまったり
ちょっとお腹弱い子チャンだったり、無類の男好きだったり、いろいろとありましたが
今日の善き日を、共に元気に迎えられて下僕は感無量です。
これからも末永く共にいられますようにと、背中で爪を研がれつつ祈るのでした。

☆お誕生日プレゼント☆
c0078473_23485216.jpg

とりあえず新調してみましタワーw

c0078473_23381660.jpg

上の凛々しいお顔が嘘のような甘ったれ顔w 
昼間の自然光だと、野性的な凛々しい感じになるのに、夜や白熱灯でお写真撮ると
こーんな甘ったれ顔になってしまうソマリって一粒で二度美味しい猫でございますね
(*≧m≦*)
[PR]
by somasoma_lewe | 2007-05-05 23:55 | ご主人様ずとワタシ

放置祭りと納涼若様

熱中症が心配で、ついドライエアコンつけたまま出かけているせいか、諭吉さんが二人ほど飛んでいきそうな額の電気代請求書をいただいてしまった下僕です。こんばんは。
請求書を見た途端、動悸とめまいがしましたが、ここはひとつ北斗の拳の聖帝サウザー様の名台詞で心を落ち着かせたいと思います。
「愛ゆえに人は苦しまねばならぬ…!」 愛ゆえに…愛ゆえに…!(エコー)
台詞の使い方を間違えている気がしなくもないのですが、深く考えないでいようと思います。

ところで放置祭りなのですが、まだしばらくは続きそうな悪寒です。
実は下僕のママンが12日朝に交通事故に遭い、命に別状ないのですが
絶賛入院中なのです。入院の世話だけなら、そんなに放置にはならないのですが、警察や相手保険屋さんとの折衝を下僕が引き受けているので何やかやと走り回っておりますのです。落ち着いたら、また戻ってまいりますので、どうかそれまで温かくお見守りいただけると嬉しいです。
(とか言いつつ、ちょいちょい現れるかもしれません…w)
まあ、それもdynabookちゃんのご機嫌がよければなのですが…
修理に出すべきか検討中だったり。

で、もうひとつのお題目「納涼若様」なのですが…
昨夜、遅めにヘトヘトになりつつママンの入院先から戻ってきた下僕。
玄関を開けるとDKとの仕切りのガラス扉に、いつもの如く
ソマリらしからぬ大声でニャンニャン鳴く若様の影。
「たっだいま~~ん♪( *´З`*)ムチュー!!」
と、扉を開けた下僕の目に飛び込んできたのは…



(つд⊂)ゴシゴシ


 _, ._
( ゚ Д゚) ?!



(つд⊂)ゴシゴシ



(  Д ) ゚ ゚ スポーン!!

まるで、お化け屋敷のお化けのように左目だけ腫らして
涙でジュクジュクになったお顔の若様…!!
あ、あ、あなた…下僕が出かけた昼の時点では何ともなかったのに
半日の間に何があったとですかー!
と、叫びつつお抱きして詳しく様子を見るとどうも何かで痒かったのか掻き毟ったような感じ…。熱はなさそうだし、食欲は猫一倍あるし、患部も血とか目やにとかもなかったので、とりあえず…とブリーダーさんに身請けの時にいただいてたゲンタロールという目薬をさして朝を待ちました。
開院してすぐに獣医にすっとんでいくと、目に傷がついてるから、一日5回注してね~と目薬2種出されました。
傷自体は、たいしたことなかったようですが、もともと涙目の傾向だった若様なので、一日何度か目の周りは気をつけて拭いていたのが、ここのところ何だかんだで回数が減ってしまっていたのでそれが原因なのかな~と、シュンとしてしまった下僕です…。ごめんよぅ~若様~~・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
肝が冷えました。
もっとよくお仕えせねば…と、ふんどしを締めなおす次第でございます。
c0078473_027264.jpg

話題づくりに貢献してやったのニャ。
しかも季節に合ってるのに文句言うニャよヽ(`Д´)ノプンプン

…そんなお気遣いは結構でしてよ!ヽ(`Д´)ノプンプン

いつもおんにゃのこ顔と言われる若様の珍しいおとこのこ顔(だと思うのですが)ショットです。背景が雑然としているのは見なかったことに…
_| ̄|○ il||li 片付け下手って嫌ですね。
5月半ばに撮った写真なので、現在えりまきは半分くらいに減ってますー☆
[PR]
by somasoma_lewe | 2006-08-20 00:40 | ご主人様ずとワタシ

ぎゃくたいのおもひで 3

とうとう街のコンビニからカルビーポテトチップス期間限定「シチリア島の岩塩」が、完全に姿を消してしまって(´・ω・`)ショボーンな下僕です。こんばんは。
「ねぎ塩レモン」は、隠し味の胡麻油がしつこくてイマイチです。
口直しに海老せんべいを齧っていたら、匂いで若様が「よこせ、よこせー!!」と昂ぶられ、下僕の口元をぺるぺる舐め回す騒ぎに。若様の前世は多分間違いなく犬でしょう…。いくらソマリが「犬のような猫」と称されているといっても…猫族の誇りは何処へ。いや、犬猫の問題ではなく、単に若様が「いやしい」だけなのですけれどもね…。

さて、手術は回避したものの、骨の養生のため行動制限を言い渡された若様。
ワンコ用のケージに閉じ込めるも「出せ!!」と大暴れ。
c0078473_2225930.jpg

ケージにINされてしまった若様 ご用意したベッドは又してもうんpされ廃棄 
キャリー下半分使用

ケージの天井にぶら下がったり、柵の間に怪我した方の足をどうやったのか突っ込み、抜けなくなって大暴れしてみたりで、終いに獣医から「ケージでダメならキャリーに入れて」と、恐ろしい提案をされてしまったりしておりました。トイレとかどーすんのよ!ヽ(`Д´)ノプンプン
まあ、何とかケージに慣れてきたのか、諦めがついたのか少し大人しくなった若様。これなら少しばかり遊びに行っても大丈夫ね!と、下僕は京都へ紅葉を楽しみに出かけました。
(注:このお話は、去年の11月中旬頃のことです)
美味しいランチや紅葉を楽しんで帰宅すると、待っていたのは…

プロテクターが外れて右足が血塗れになった若様 _| ̄|○ il||li

という新たな虐待…!
若様の右足は、骨折だけでなく負傷時にまな板の角が当たって深く裂傷が出来ていたのです。しかし固定する時に、ぎゅっと寄せて縫わなくても肉がくっつくようにしてあったのでした。その裂傷を、自分で舐め舐めして、逆にパックリ開いたうえに更に拡げてしまった若様。
結構な流血沙汰になっておりました…。
ヽ(`Д´)ノウワァァァンとなりながら、診察時間を過ぎた獣医へ電話して急患で診て貰いました。結果、2針ほど縫い縫いするはめに。主従ともにゲッソリ憔悴しながら帰途についたのでした。

その後は、カラーを嫌がって後足で立ち上がって変な踊りを踊ったり、骨折している癖に、ケージから出すと喜びの大ジャンプをかましたりしながら日々は過ぎ、年末年始をまたぎ、冬を越し、春が来て、初夏になろうという4月末-
c0078473_2223783.jpg

 向かって右が骨折した方。折れた痕が分りますか…?よく見ると少しだけ欠けてる部分が分ります

レントゲンを見た瞬間、下僕は目頭が熱くなりました。
あんなに酷い折れ方だったのに、無事な左足と較べても、まるで遜色ないくっつき具合…!
慎重に手術も検討しながらも、若様本来の治癒力を信じて固定術を勧めてくださった院長先生 いつも「いい子だねー、可愛いねー」と笑顔であやしてくださった獣医の先生と看護師さん 大事なご主人様をお譲りいただいたのに、こんな数日で大怪我させたのに呆れず、若様のダイエット方法やら相談すると(運動制限のせいか太ってしまい骨の再構築に係るので)いろいろ的確なご指導くださった養成所の女主人さま(いい加減ブリーダーさんと書こう)
皆さまには、いくらお礼を言っても足りません。心から感謝をしております。

何よりも、嫌な薬を無理やり飲ます下僕に、初めて会った日と変わらない甘ったれでいてくれた若様…不自由なカラーやケージ生活に耐えて、一緒にこの日を迎えてくれた若様に、よりいっそうの愛おしさがこみ上げたのでした。
ごめんね、そしてありがとう…愛しております…!
c0078473_22265948.jpg

ちょっと照れるのニャ(というか眠いニャ)下僕の布団でゴロブー♪


3日もかかって書く事かよ!と自分ツッコミしつつ、読んで頂いた方にも感謝しております。お付き合い有り難うございました(´∀`*)ノシ  
明日から何を書けば…(´・ω・`;)
[PR]
by somasoma_lewe | 2006-07-15 22:43 | ご主人様ずとワタシ

ぎゃくたいのおもひで 2

暑さに強いらしい若様が、添い寝んねしてくださると仰るので
クーラーを強めにつけてうたた寝をしていたら、まんまと夏風邪がぶり返し
楽しみにしていた飲み会に行き損ねて腐っている下僕です。こんばんは。
しかも添い寝んねは、下僕の顔面に若様の尻を押し付けると言う軽い虐待つきです。
こんな感じですね(゚∀(  *  )…とても光栄です 
(ノД`) 泣いてません 泣いたりしませんとも…!!

さて、右足指(しかも2本)骨折で手術を宣告された若様。
運悪く休めない案件抱え中の仕事があったので開院前の獣医へ若様をお預けし、せっせと働いておりましたところ、獣医から電話があり、何事かあったのかと(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル 震える手で出ると担当の先生から。
院長先生にレントゲンを診立てもらったところ、若いので骨の再構築の可能性が高いとのことで『手術の必要なし』になったとの事。
全身麻酔が心配でしかたなかったので、手術取りやめになって嬉し泣きしながら、若様をお迎えに行くと、サポーターよりちょっと固めのプロテクターをつけた足で、ヨロヨロと抱っこをせがまれ、さらに涙が溢れましたのでございます。
c0078473_20583755.jpg

プロテクターして、あんまり痛くなくニャったから、また流しに飛び乗ったら下僕が悲鳴あげたのニャ

担当の先生が「洋猫でこんなおっとりした子は初めてです。性格の良い子ですね~」と、以前洋猫さまに、よほど酷い目に合わされたのか遠い目をして呟かれました。骨折時に、まな板の角で結構深く切ってしまっていたので傷口周囲の毛を刈る時にも「痛い!!(;´Д`)」と、一瞬噛み付いたそうですが痕が残らないほどゆるい噛み具合で「レーヴェちゃん痛いよ」と言うと「ごめんね」と先生を一所懸命ぺるぺるしていたそうです。
やたらと誉めてくださるので、照れながらも「ウチの若様世界一ィィィィィィ!!!」などと、どこぞの漫画のドイツ軍人のごとく鼻高々になった下僕でございました…。
c0078473_2133270.jpg

骨折時の痛々しいレントゲン。・゚・(ノд`)・゚・。右側2本バッキリいってます

えー、申し訳ございませんが、まだもう少し続きます。
虐待は、まだ終わったわけではなかったのでした… _//○、
c0078473_21185962.jpg

あんニャもので終わったと思うのが甘いのニャ (*´艸`*) プププ

[PR]
by somasoma_lewe | 2006-07-14 21:21 | ご主人様ずとワタシ

ぎゃくたいのおもひで

おはようからおやすみまで若様を見つめるストーカー下僕ハラミです。
ソマ飼いの紳士淑女の皆様こんばんは。
本日は若様から受けた身の毛もよだつ虐待について語らせていただこうと思います。そう…あれは、若様を我が家へお迎えした日からわずか4日目のことでございます…。

帝都から上方まで4時間もの移動を、慌てず騒がず泰然自若としてこなされた若様。自宅に辿り着き、駕籠の扉を開けた途端に、額グリグリの下僕の唇をぺるぺるされるサービスぶりに、下僕はココロの鼻血を5リットルばかり噴射したのでありました。
その夜、ご用意していた箱型の猫ベッドを「こんなものは必要ないのニャ。廃棄処分ニャ!!」と、トイレ代わりに盛大にユルぴーされるという最初の虐待を喰らわされ、涙したのもつかのま。下僕の布団で、当然のように腕枕寝んねしてくださる若様にメロメロになりましたのでございました。
c0078473_984293.jpg

我が家へお越しになった当時の若様(´∀`*)生後6ヶ月の初々しさ


4日目の朝、下僕が自分の朝食の支度をしていると、ご自分の朝食を終えられた若様が「もっと何かよこすニャ!!」と足元に来られたのを、あまり気に留めず、危のうございますよ~」と言いつつ、刻んだ野菜の載った重いひのきのまな板を少しだけだからと、流しの角にチョンと置いたまま、冷蔵庫にハムを取りに行った隙に、若様が流しに飛び乗ろうとして失敗。まな板と共に落下されたのでありました。

普通に落下しただけなら腰くらいの高さなので、大怪我にはならなかったと思います。しかし運悪く、一緒に落下したまな板の、よりによって角が若様の右足指を直撃。昼ごろには倍に腫れあがったので仕事を早退けて、お医者へ走ったのでした。レントゲンを撮ると、案の定骨折。これは手術が必要だと言われ真っ青に。とりあえずサポーターで固定していただき、翌日朝からお預けして手術と相成ったのでございました。
これが、若様からの今日までで最大の虐待でございました…。
下僕のくせに危機管理がなっておらんのニャ!!という身体をはったご指導。(はらんでヨシ)これに関しては、下僕は未だに後悔しきり。考えが甘かったと思い知らされた出来事でございました。

長くなりましたので、続きは明日~(´∀`*)ノシ
c0078473_23122591.jpg

痛々しい風情の若様。・゚・(ノд`)・゚・。 
しかし鳥のモモ肉ちっくでご馳走風情でもあります…

c0078473_23233861.jpg

若様ご近影 「あの頃は、お互い大変だったのニャ」

[PR]
by somasoma_lewe | 2006-07-13 23:33 | ご主人様ずとワタシ

ご主人様のご紹介

ソマリPTAに入会したさにブログに手を出してしまいました…
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

わたくしのご主人様は、2005年5月5日とキリの良い(?)うららかな日にお生まれになったそうです。名は僭越ながら下僕のわたくしが唸りながら『Lewe(レーヴェ)』と名付けさせて頂きました。
独逸語で「獅子」という意味を持っております。
ご主人様養成所の女主人さまが養成所の名前も独逸語もじってつけたのよ~と仰ってくださり、勝手に運命的だわ…!と、良い気分になった記憶がございます。よく考えれば養成所名はサイトにあるので見ればわかった事なのですが下僕は運命と信じております。

赤毛で金色の瞳の、ちと胴回りに肉付きの良い、下僕フィルターを通して見ると世界一のハンサム様です。成猫されたばかりで、まだまだ稚気の残る若様の、昨夜のおネム写真で本日は締めさせて頂きます。
下僕の足にじゃれついて甘咬みなどしている途中で寝落ちされた若様…。
その後、小一時間ほど身動き取れず足が痺れましてございます。
しかしこんな虐待も愛ゆえと下僕は甘んじて耐えまする…。

あ、申し遅れました。わたくし、若様専属下僕のハラミと申します。
以後、よしなに…。


(たぶん面倒くさいので次回から普通に書くと思いますので、ひ、引かないで…ね?)
c0078473_23144840.jpg

[PR]
by somasoma_lewe | 2006-07-11 23:28 | ご主人様ずとワタシ