ぎゃくたいのおもひで 2

暑さに強いらしい若様が、添い寝んねしてくださると仰るので
クーラーを強めにつけてうたた寝をしていたら、まんまと夏風邪がぶり返し
楽しみにしていた飲み会に行き損ねて腐っている下僕です。こんばんは。
しかも添い寝んねは、下僕の顔面に若様の尻を押し付けると言う軽い虐待つきです。
こんな感じですね(゚∀(  *  )…とても光栄です 
(ノД`) 泣いてません 泣いたりしませんとも…!!

さて、右足指(しかも2本)骨折で手術を宣告された若様。
運悪く休めない案件抱え中の仕事があったので開院前の獣医へ若様をお預けし、せっせと働いておりましたところ、獣医から電話があり、何事かあったのかと(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル 震える手で出ると担当の先生から。
院長先生にレントゲンを診立てもらったところ、若いので骨の再構築の可能性が高いとのことで『手術の必要なし』になったとの事。
全身麻酔が心配でしかたなかったので、手術取りやめになって嬉し泣きしながら、若様をお迎えに行くと、サポーターよりちょっと固めのプロテクターをつけた足で、ヨロヨロと抱っこをせがまれ、さらに涙が溢れましたのでございます。
c0078473_20583755.jpg

プロテクターして、あんまり痛くなくニャったから、また流しに飛び乗ったら下僕が悲鳴あげたのニャ

担当の先生が「洋猫でこんなおっとりした子は初めてです。性格の良い子ですね~」と、以前洋猫さまに、よほど酷い目に合わされたのか遠い目をして呟かれました。骨折時に、まな板の角で結構深く切ってしまっていたので傷口周囲の毛を刈る時にも「痛い!!(;´Д`)」と、一瞬噛み付いたそうですが痕が残らないほどゆるい噛み具合で「レーヴェちゃん痛いよ」と言うと「ごめんね」と先生を一所懸命ぺるぺるしていたそうです。
やたらと誉めてくださるので、照れながらも「ウチの若様世界一ィィィィィィ!!!」などと、どこぞの漫画のドイツ軍人のごとく鼻高々になった下僕でございました…。
c0078473_2133270.jpg

骨折時の痛々しいレントゲン。・゚・(ノд`)・゚・。右側2本バッキリいってます

えー、申し訳ございませんが、まだもう少し続きます。
虐待は、まだ終わったわけではなかったのでした… _//○、
c0078473_21185962.jpg

あんニャもので終わったと思うのが甘いのニャ (*´艸`*) プププ

[PR]
by somasoma_lewe | 2006-07-14 21:21 | ご主人様ずとワタシ
<< ぎゃくたいのおもひで 3 ぎゃくたいのおもひで >>